【お知らせ】書籍購入者特典プレゼントの申請メールが開けない場合
2010年08月16日

饅頭怖い

とか言っておはぎなんですけどね。

2010-08-16-01.jpg...。

今日は血も凍るような恐怖の話しになるので、苦手な人は読まない方が良いかもしれません。


...。


読みますか?

では始めましょうか。

まずはこのお話しから...。


今までずっと黙ってたのに、急なカーブが連続する峠道に車が差し掛かった途端「右よ。」「左よ。」「次は右。」「次は左よ。」と話し始めるタクシードライバー...。


「ヒィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!」

2010-08-16-02.jpgひとぉ〜つ...。

あ、あれ?ちょ...風も無いのにおはぎが一つ消え...いや、そんなバカな。気のせいだ、気のせい...。

で、では次はこのお話しを...。


友人と二人で雑談しながら横断歩道で信号待ちをしていた時。ふと気が付くと横断歩道の向こう側に異常な程に顔色が悪く不気味な雰囲気の女が居たので、隣の友人に「なぁ、あの女って幽霊っぽくない?」とニヤニヤしながら小声で話したら、その途端みるみる友人の顔が青ざめて行き「あ、あぁ...あれ俺の彼女...。」という返事が...。


「ヒ、ヒェエエエエエエエエッ!!」

2010-08-16-03.jpgふたぁ〜つ...。

な、なんッ...!?またおはぎが...き、消え...いや、きっと風だ!そうだ、さっき窓開けたし、風のせいに決まってる...。

あはは...じゃ、じゃあ次はこのお話しを...。


大事にしていた持ち主の魂が宿った為、ヒゲが伸びるようになってしまった萌え系美少女フィギュア...。


「ウワァアアアアアアアアアッ!!」

2010-08-16-04.jpgみぃ〜っつ...。

...窓...クーラー使うから...そう言えば...閉めたんだった...。

そそそそそれでは最後にこ、こ、このお話しを...。


ここのところ残業が厳しくて帰宅するのは毎日午前様。家に帰っても妻と娘はもう寝てしまっている。でも、最愛の妻と娘の寝顔を見ているだけで、そんな辛い日々でも不思議と頑張る事が出来た。しかしそんな日々も恐らく今日で最後となるだろう。今朝、妻から「最近夜中寝ていると不気味な視線を感じてハッと気が付くと金縛りに掛かって身体が動かなくなっている。きっと悪霊のせいだ。怖いからお祓いしたい。」と相談されてしまった。聞けば、娘も同じ事を言っているらしい。ゴメン...。


「ギャァアアアアアアアアアッ!!」

2010-08-16-05.jpgよっつ!!

ハァッ...ハァッ...ハァッ...ハァッ...ハァッ...ハァッ...。

...。

怖い...。

とうとうおはぎが全部無くなってしまった...。

怖いよ...。

ゲフー...。

身体の震えが止まらないのは、キンキンに冷えた濃いめのアイスコーヒーのせいだけでは無い。僕はそう思った。

スポンサード リンク


  facebookshare.png  comment.png

- サムライEXP posted by 正宗 at 20:16 Thanks Reading!!
PAGE TOP ▲