2010年09月24日

ハード・デイ(フラッシュバック) 1/2

どうしてこうなってしまうんだろう。

昨日の話しです。

私はここ最近再発し始めた胃痛を治療すべく、家からそこそこ離れたところに在る総合病院の消化器科に行こうと思ってたのですが、職場の知人が言うには『その総合病院はあまり評判が良くない』との事でした。

ほほう、そうなの?じゃあどっか良さげな病院知ってる?と、さり気なく聞いてみたところ、私の家のすぐ近くに消化器科専門の病院が在る事を教えてくれました。

その知人の弁ではそれなりに腕も確かな様子。

更に前述の総合病院までは歩くと15分程は掛かってしまいますが、この専門病院までなら5分も掛かりません。

こりゃ儲け物ですよ。その専門病院に行くしかないでしょう。

しっかり結果出してくれそうな医者が家の近くに居るのなら、私としては願ったり叶ったりです。

仕事を終えて帰宅し、一度風呂に入ってサッパリした後で私は再び出掛ける支度を始めました。

帰宅時には雨がパラついてて少し肌寒かったけど、病院までは歩いてすぐだし薄手の長袖シャツ一枚で十分だろう...ジーパンを穿いて...保険証と財布を持って...良し、傘を手に取りいざ出発!

知人は病院の名前こそ失念していたものの、場所の方は確実に覚えていてくれたので道に迷う心配も有りません。

進むべき道を進み曲がるべき道を曲がり、只ひたすらに病院を目指して歩く私。

しかし辿り着いた目的地たる病院で私を出迎えてくれたのは『本日休診日です』の案内札だけでした。


何てこった。

しかもこの病院、診療案内を見ると土日もちゃんと診療していて、休診日は木曜日と祝日のみのようです。

祝日をイレギュラーと考えると、私は一週間の内でたった一度の休診日である木曜日にぶつかってしまった、という事になります。

1/7というとロシアンルーレット以下の確率ですよ?

何てこった。

大きな溜め息一つ。

...。

まぁこうしてても仕方ない、帰ろうか。

そう思い、回れ右をして即座に帰ろうとした時、私の胸に漠然とした不安が込み上げて来ました。

いや、待てよ...何か気になる...何だろう...?

暫し立ち尽くした後、ハッとその正体に思い至りました。

そうだ!胃薬だ!今このまま家に帰ってしまうと胃痛を押さえ込む為の胃薬が無い...!

私は市販の胃薬の中でも特に『ガスター10』を愛用しているのですが、前日の夜仕事に行く前に手持ちのガスター10の最後の一包を飲み尽くしてしまっていた事をその時思い出しました。

前日の夜にはまだ総合病院の方に行こうと考えていましたし、総合病院の方は休診日が日曜日である事を私は予め知っていました。

なので、前日の夜の段階では診察は確実に行われるものと考えていましたし、診察さえして貰えれば、市販薬であるガスター10よりも効き目が抜群な処方薬を当然貰えるものだと思っていました。

つまり、前日の夜の時点では次の日に新たな胃薬が手に入るのは当たり前の事だと考えていたのです。

それがまさかこんな展開になるとは...。

しかし私に選択の余地は有りません。

こうなってしまったからには、夜からの仕事を支障無く確実にこなす為に、是が非でも今からガスター10を手に入れるしかないのです。

私は、決して近いとは言えない場所に在るドラッグストア目指して再び歩き始めました。

家を出た時よりも明らかに強くなった雨の中を。


重い。

脚が重い。

疲れている所為だけじゃない。

横殴りの雨がジーパンを直撃するので、水気を帯びた分だけ実際に脚が重くなっていた。

いや、脚だけじゃない。

無事なのはかろうじて傘で守られている頭から肩ぐらいまでで、肩から下はもはや全身ずぶ濡れだった。

寒い。

長袖とは言え生地が薄いので、風が吹く度に上半身に寒気が走った。

しかも悪い事に最後に飲んだ胃薬の効き目も徐々に薄れて来たらしく、みぞおちの辺りにじわじわと鈍痛が出て来た。

これはヤバいな...。

ティッシュ一枚の持ち合わせも無いのに、この大雨の中胃痛の為に道端で動けなくなり嘔吐でもし始めたら、冗談抜きで救急車の世話になりかねない。

あと少し...もう少し...。

自分に言い聞かせて一歩一歩進む。


苦難の末に辿り着いたドラッグストア。しかし、達成感みたいなものは微塵も感じなかった。

その時私の頭の中に有ったのは、帰り道に掛かる労力の事だった。

ここから更に同じ距離を歩いて帰らなければならない、と考えると心が折れそうになる。

体調も環境も最悪な場合、掛かる労力は足し算ではなく掛け算で増えて行く事になる。

でも、例え本当にこの場で心が折れてしまったとしても誰も助けてはくれないのだ。

自力で立つより他は無い。

そう思いながらガスター10を買って帰ろうとした。

店員「申し訳ございません。」

正宗「?」

店員「本日はまだ薬剤師の方が出勤していなくて...ガスター10は第1類医薬品となっているので薬剤師の説明が無いとお売り出来ないので...申し訳ございません。」

確かに。今までガスター10を買う時はいつも薬剤師が説明をしてくれていたっけ。しかし...。

正宗「...その、薬剤師さんはあとどの位で出勤される予定ですか?」

店員「あと2時間程になります。」

あぁ、俺、今、『サァー』って音立てながら血の気引いて行ってるんだろうなぁ。

そう思った。


明日へ続く)

スポンサード リンク


  facebookshare.png  comment.png

健康 - サムライEXP posted by 正宗 at 16:03 Thanks Reading!!
PAGE TOP ▲