2016年02月04日

冊子版のAMEXインプレッションゴールドが届いたよ! その5

どうも。カードマスター正宗です。

先日、冊子版で届いたアメリカンエキスプレスの会員誌『IMPRESSION GOLD』のレビューをしていこうかと思います。

前回までの記事はこちら!

その1
その2
その3
その4

次なるコンテンツはエキシビションです。

2016-02-04-01.jpg


デュクシ!デュクシ!や、言ってみただけです、失礼。

まずは絵画なんですが、画像はサンドロ・ボッティチェリ氏というイタリアの画家さんの作品です。

1400年代後期の画家さんで、同時代にはダヴィンチやミケランジェロが存在してました。

画像左上の女性は、当時のフィレンツェでNo.1の美女とされたシモネッタ・ヴェスプッチを描いた『美しきシモネッタ』という画像です。

Eライン有りまくりですね。

東京都美術館にて4月3日まで開催中です。

公式サイトでそれなりに大きな画像を観る事が出来ます。


2016-02-04-02.jpg


次は服飾なんですが、服飾と言っても普段着ではなくモード・オブ・ザ・モードの話で、テーマは『オートクチュール』だそうです。

それなりによく耳にする『オートクチュール』とは何か?と言うと、本来は『一点物として縫製された高級衣装』の事を意味します。

字は『haute couture』と書き、フランス語です。

一点物として縫製された服でも『オーダーメイド』と『オートクチュール』ではどのような違いがあるのか?と言うと、実は加盟しているギルド(同業者組合)が違うんですね。

オートクチュールと呼んで良い服は、通称『サンディカ』というギルドに所属している加盟店が縫製した、一点物の高級衣装に限られます。

サンディカのギルメン(笑)は、現在シャネル、クリスチャンディオール、クリスチャンラクロワ、ジバンシー、ジャンポールゴルチエ、ジャンルイシェレル、ドミニクシロー、フランクソルビエ、アドリーヌアンドレ、エリーサーブ、ジョルジオアルマーニ、ヴァレンティノの12ブランドです。

そうそうたるメンバーですね。

あまり聞きなれない言葉ですが、オートクチュールやオーダーメイドに対して『プレタポルテ』という言葉があります。

意味は『既製服』で、大量生産されている一般的な服がこれに当たります。

私の大好きなドラクエ3で言うと、店でいくらでも買えて誰もが装備できる『みかわしのふく』はプレタポルテ、世界に一つしかなくて勇者のみが装備できる『ひかりのよろい』はオーダーメイドとなります。

もし、ひかりのよろいを作ったと思われる精霊ルビスが、シャネルやクリスチャンディオールのサンディカギルド加盟店のデザイナーだったりしたら、ひかりのよろいはオートクチュールとなりますね。

さて、この流れで下の画像をもう一度見てみましょう。

2016-02-04-02.jpg


『ひかりのドレス』に見えてきませんか?(笑)

ひかりのドレス展(※嘘です。正しくは『PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服』です)は、三菱一号館美術館にて5月22日まで開催しています。


2016-02-04-03.jpg


次は眼鏡です。

999.9と書いて『フォーナインズ』という、純日本産ブランドの眼鏡です。

2016-02-04-04.jpg


フォーナインズは創立20周年を迎えたそうで、その節目に発表された上の画像のS-340Tがなんとも言えず非常に美しいです。

2016-02-04-05.jpg


『神は細部に宿る』とはよく言いますが、細部までこだわりが見えるとホントに神がかって見えますね。

機械式の時計に似た美しさを眼鏡に感じたのは初めてです。

ビバ!メイドインジャパン!!

お値段は50,000円です。

公式サイトのS-340T詳細ページはコチラ


という訳で、ロトの眼鏡を購入する際は是非ともアメリカンエキスプレスゴールドカードでどうぞ!

次回は今号のメイン特集『魯山人』レビューをお送りしまっせ!!




─ 昨日より一歩豊かに ─

スポンサード リンク


  facebookshare.png  comment.png

ゴールド - サムライEXP posted by 正宗 at 21:45 Thanks Reading!!
PAGE TOP ▲