2016年09月30日

特権を行使する方法

どうも!ブログマネタイザーの正宗です。

『ブログを核として様々なコンテンツを作成・展開し、キャッシュに繋げる』とは言っても、最初からキャッシュに繋がる事は稀です。

むしろ1円にすらならないという事の方が多いです。

もしあなたが今からブログのマネタイズをしようと考えているなら、きっと何度も何度も全くキャッシュに繋がらない現実を突き付けられ続ける事でしょう。

あるいは、今まさにそのような状態なのかもしれません。

全くキャッシュに繋がらないという現実を受けて『やってみたけどダメだった。何だよ、やっぱブログでマネタイズなんか無理なんじゃん』という反応をしてしまう前に、もし良かったらちょっとだけ人間の特権を使ってみましょう。

どこかでこのような話を聞いた事があるかもしれませんが、少しお付き合いください。


ある二人の男がレンガを積み上げていた。

一人の男は力強く、楽しげにレンガを積み上げている。

しかしもう一人の男は打ちひしがれ、力無くレンガを積み上げていた。

この二人の態度の差は一体何なのかと思い、二人になぜレンガを積んでいるのかを訊ねてみた。

一人目の男は「私はここに立派な教会を建てているんです」と言った。

二人目の男は「私は、レンガを積めと言われたのでここにレンガを積んでいます」と言った。



従事してる仕事に対して意義が見えるかどうかで、モチベーションの差が天と地ほどに開く、というお話です。

しかしちょっと考えてみてください。

『立派な教会を建てている』という意義さえ見えれば誰であろうと必ずモチベーションが上がるのでしょうか?

逆に、自分の仕事が最終的にどのような意味を持つのか知らないからと言って、誰であろうと必ずモチベーションが下がるのでしょうか?


あなたはこの答えがノーである事に気がついているハズです。

立派な教会を建てていると頭では分かっていても『何で俺がこんな事しなきゃならないんだ!』と不満を持つ人もいますし、立派な教会を建てていると知らなくても、昨日よりも速く大量のレンガを綺麗に積めたという事に喜びを見出す人もいます。

同じ刺激を受け取っても、返す反応は人それぞれで違ってきます。

なぜそのような差が出るのかと言うと、刺激と反応の間に人は4つのフィルターを通してものを見ているからです。


上のお話に出てきた一人目の男を例にとりましょう。

彼は、レンガを積む事それ自体に対して困難も嫌悪感も特に持っていない(あるいは身体を動かして気分が良い)という自覚があります。

そして『今積み上げているこのレンガが将来は立派な教会になる』という想像力を働かせています。

彼の心の中では『立派な教会を建てる事は素晴らしい事だ』という良心からのゴーサインが出されています。

これらの理由を包括した上で、彼はレンガを積み上げる事を自由意志によって楽しんで行なっています。

これら『自覚』『想像力』『良心』『自由意志』の4つが、人間の特権として用意された4つのフィルターです。

受け取った刺激を完璧に『無かった事』にまでは、常識的に考えてできません。

しかし、一石を投じる事は十分可能です。

『ブログのマネタイズが思ったように上手くいかなかった』という刺激を受け取ったら『このアプローチは上手く行かなかった』という自覚を持ち『でも、もしかしたらこうすれば上手く行くかも』という想像力を発揮し『自分が発信している情報には相応の価値があるハズだ』という良心からのゴーサインを得て『よし、もういっちょ頑張ったる!』と自由意志によってモチベーションを上げる事も可能な訳です。

このような高度な精神活動が出来るのは人間だけの特権です。

ぜひこの特権をあなたも使ってみてください。

頑張ってね!!


─ 感動のマネタイズエクスペリエンスを ─

スポンサード リンク


  facebookshare.png  googleplus.png  comment.png

ブログマネタイズ - サムライEXP posted by 正宗 at 16:52 Thanks Reading!!
PAGE TOP ▲