2017年01月18日

【アドバイス】この『二足のわらじ連動形態』だとブログマネタイズしやすい

どうも!ブログマネタイザー正宗です。

今回の記事では、マネタイズしやすいブログ運営のやり方は『テーマを絞った特化型ブログ+何でもありの雑記型ブログ』の二足のわらじ連動形態だという事をお話しします。

私自身はこのブログを日記ブログとして始めてる事もあって、雑記型のブログに力入ってる感じなんですが、どっちかと言うとテーマを絞った特化型ブログの方がマネタイズ的には有利な面が大きいです。

まずは、情熱を持って追求できるテーマを一つ選んで特化型ブログを運営する事を考えてみてください。

情熱を持って追求できるテーマじゃないと特化型ブログは続きませんからね。

ブログなんて、開設当初はどんなに良い記事書いても誰も来ません。

この『誰も来ない時期』を乗り越えるには、ブログのテーマへの情熱が必要不可欠です。

人が来るようになったら、テーマが絞られてる特化型ブログの方が見てる人にとっては優しいブログです。

信用と感謝を土台にしてブログを運営し、中身のある記事をきちんと作り込んでいれば、特化型のブログではブログ自体のファンとなってくれる人がたくさん出て来ます。泣いて喜びましょう。

そんで、ファンの方々が本当に喜ぶような商品を用意すれば、みんながハッピーになれます。


じゃあ、何でもありの雑記型ブログは何の為に運営するのか?

取り敢えず単なる日記ブログだと思って好きな事を好きなように書きます。

そんなブログでも、まともに運営してれば次第に人が来るようになります。

テーマが絞られてないのでブログ自体のファンは増えにくいのですが、記事単体に需要が有るか無いかはそれなりに分かります。

この時、思ってもみなかった記事にメチャクチャ高い需要が有る事が分かったりするんですよ。

そんな記事は、単体の商品としてパッケージ化して値段を付けてみる事もできます。

ちなみに今現在私がAmazon等で販売してる『ハピタスと楽天のセットでポイントの5重取りをザクザク実現する秘密の方法』、『喜ばれるプレゼントと引かれるプレゼント』、『寄付をすると“裕福になる”と言われるのはなぜか?その真の理由』は、全てこのパターンでパッケージ化されたものです。

作ろうと思って作った商品ではなく、ブログの記事として投稿してみた後で、記事への需要を見込んで改めて商品になったんですね。

また、需要が見込めて伸び代が有り、尚且つ今後もずっと情熱が注げるようなテーマだったら、雑記ブログと連動する形で新規に特化型ブログを開設する事もできます。

雑記ブログはそれ単体でもアドセンスなどとも相性良いですし、特化型ブログの補完記事を書いたり、上の例のような副産物をたくさん生み出したりする事ができます。

経営学で言うところの『範囲の経済』ってやつですね。

『範囲の経済』とは、簡単に言うとネットでよく出回ってる『YAMAHAの歴史』みたいなやつです。

ヤマハの歴史
・最初は輸入ピアノの修理→楽器関係作る
・楽器やってた流れで電子楽器も作る→DSPも作る
・DSPを他に利用しようとして→ルーター作る
という流れで、楽器、電子機器、ネットワーク関係の製品を作るようになった。

じゃ、なんで発動機や家具とかも作ってるかというと、

・ピアノの修理で木工のノウハウが溜まる→家具を作る→住宅設備も作る
・戦時中に軍から「家具作ってるんだから木製のプロペラ作れるだろ」といわれて戦闘機のプロペラ作る→ついでにエンジンも作る
・エンジン作ったから→バイクも作る
・エンジン作ったから→船も作る→船体作るのにFRPを作る
・FRPを利用して→ウォータースライダー→ついでにプールも作る
・プールの水濁ったんで→浄水器作る
・失敗作の浄水器で藻が大繁殖→藻の養殖始める→バイオ事業化


この『YAMAHAの歴史』に関しては、どこまでが事実かは分かりません(笑)が、既存事業の技術やノウハウを使いまわして、超ローコストに新製品や新規事業を生み出す『範囲の経済』の特徴をよく表してます。

雑記型ブログを真面目に運営してると、コレ↑が非常にやりやすいんですね。


ってな訳で、6:4くらいで特化型ブログと雑記型ブログを連動運営するのがお勧めです。

短期的にも長期的にもマネタイズのアイデアに困りません。

頑張ってね!!


─ 感動のマネタイズエクスペリエンスを ─

スポンサード リンク


  facebookshare.png  googleplus.png  comment.png

ブログマネタイズ - サムライEXP posted by 正宗 at 17:56 Thanks Reading!!
PAGE TOP ▲