2017年05月10日

PayPalのビジネスアカウントを申し込んだよ! - 2017年5月版 その1

どうも!ワールドリッチマン正宗です。

海外で販売した商品の代金を受け取るため、ペイパルのビジネスアカウントを申し込みましたよ!

↓結果的にはこの通り!!

2018-05-12-01.jpg


無事にペイパルから私個人名義の銀行口座へと入金されるようになりました!!

どのような手順を踏めばこの結果が得られるようになるのか?

このシリーズ記事で解説していこうと思います。


では、始めましょう。


ペイパルにはパーソナル、プレミア、ビジネス、の三種類のアカウントがあるんだけど、今後の使い勝手の良さを考えてビジネスアカウントにしました。

私がペイパルアカウントに求めた事は以下の二つ。

1.お金の受け取りができる事。

2.お金の受け取りの際に『サムライEXP』または『正宗』の表記が使える事。


パーソナルアカウントではお金の受け取りがそもそも出来ない。

プレミアアカウントならお金の受け取りは出来るけど、『サムライEXP』または『正宗』の表記ではお金の受け取りが出来ない。

でも、ビジネスアカウントなら『組織名称』を使う事でこの問題を解決できます。

おっと!ひとつご注意を!!

『組織名称』という名のアカウント開設方法がある訳じゃないんスよ。

個人事業主の事業者名として、法人名の代わりに『組織名称』を使う、という事です。

2017-05-11-18.jpg


↑これは申し込みがすでに終わった後の状態ですが、このように組織名を使用する事ができます。

個人事業主としてビジネスアカウントを申し込めば、法人用の確認書類などは不要です。

個人と法人の確認事項での詳しい差分は、ペイパル公式サイトの『本人確認手続き』の個人でご利用の方法人でご利用の方を見比べてみてください。

STEP4-5以降、個人と法人の確認事項で差がある事が分かります。

個人事業主でアカウントを開設すれば、ペイパルからの入金のために使う銀行口座も、自分の個人名義のものが使えます。

もちろんペイパルアカウントの持ち主と銀行口座名とで、名義が一致してる必要はありますが。

法人でアカウントを開設すると、法人名義の銀行口座が必要となります。


最終的には海外対応も念頭に入れて『SamuraiEXP』のアルファベット表記にしましたが、アカウント開設の手続きはこのまま順当に進みました。

ちなみに、もし私がペイパルの決済機能を使って、自分の商品を直接販売し始めた場合。

あなたが私の商品を購入してくれたとしたら、あなたのクレジットカードの請求書には、請求者名に『SAMURAIEXP』と書かれる事になります。

ちょっとテンション上がりますよね(笑)

さらに言えば『サムライEXPの正宗さんから買ったハズなのに、山田太郎(※仮名)とかいう知らんヤツから金を請求されてる!何これ詐欺じゃん!!』という事にならずに済むのがありがたいです。


次回は、申し込みはどのように進めれば良いのか?実際の申し込みの手順を解説します。


スポンサード リンク


  facebookshare.png  comment.png

インターネット - サムライEXP posted by 正宗 at 19:09 Thanks Reading!!
PAGE TOP ▲