2017年05月10日

PayPalのビジネスアカウントを申し込んだよ! - 2017年5月版 その2

どうも!趣味はお金集めの正宗です。

このシリーズでは、ペイパルビジネスアカウントを個人で組織名称を使ってお金を受け取れるようにするまでの手順を掲載しています。

2018-05-12-01.jpg
ペイパルからの入金は自前の銀行口座で確認済み


個人でペイパルを使ってお金を受け取るにあたって、私は何をどのように判断したのか?が書かれたのが前回のその1の記事でしたね!

今回は、実際にアカウント開設申し込みをするにあたっての、最初期の登録手順や注意点を書いた記事となります。

そんじゃあ始めましょうか。


まずはペイパルの公式サイトにアクセス。

クレジットカード決済代行-PayPal(ペイパル)

2017-05-10-01.jpg


ちなみに公式サイトのHTMLソースにはアスキーアートが描かれています(笑)

2017-05-10-02.jpg


『新規登録』のボタンを押したらビジネスアカウントを選択します。

2017-05-10-03.jpg


メールアドレスを入力します。

ここで入力したメールアドレスがメインのメールアドレスとなります。

メインのメールアドレスは、本人確認が終わるまでは編集も削除も出来なくなります。

当面の間不自由なく使えるものを入力しましょう。


メールアドレスを入力したら『続行』を押して、次に出てくるパスワードも設定します。

パスワードも入力したら、もういっちょ『続行』を押して先に進みます。

2017-05-10-04.jpg


事業情報です。

自分の本名や生年月日、住所などを入力します。

法人化してない個人が組織名でペイパルを使う場合、ここで入力した住所に本人確認書類が送られ、ここで入力した名前と同じ名義の銀行口座を使ってお金を受け取る事になります。

2017-05-10-05.jpg


住所入力の後に『会社代表番号』なるものの入力を求められます。

国別に分けられてて日本が+81な事から、これが会社の電話番号の事を指してると分かります。

なんで『会社代表電話番号』って書いてないんだろ(笑)

+81とは国際電話での日本の国コードです。

固定電話でも携帯電話でも大丈夫です。

頭の0を抜いて電話番号を入力してください。(例:090-1234-5678の場合、9012345678と入力)

2017-05-10-06.jpg


事業者名の欄に組織名を入力します。

私の場合は、ここが『SamuraiEXP』と入力した所です。

電話番号もちゃんと入力したら、規約とポリシーに『同意して続行』ボタンを押しましょう。

2017-05-10-07.jpg


次は事業情報の入力です。

個人事業主一択です。

2017-05-10-08.jpg


個人事業主を選んだら、他の項目がズラズラっと出てきましたよ。

2017-05-10-09.jpg


事業カテゴリ、サブカテゴリがいまひとつしっくりくるものがなかったので、消去法でこんなんなりました。

一番下の『PAYPAL』の欄が、顧客のカード利用明細書に表示される事業者名となります。

ここで入力できるのは半角英数字で最大11文字まで。

後から19文字までの拡張版を、11文字版とは別で設定する事もできます。

ちなみに大文字で固定です。

『事業用のURL』と『会社の設立日』は、このブログのURLとブログ開設日を入力しようか迷ったのですが、とりあえず空欄にしときました。

入力を終えたら『続行』をクリック!!

ここまでで最初期の登録作業は終了です。

次回は本人確認のターンです。


スポンサード リンク


  facebookshare.png  comment.png

インターネット - サムライEXP posted by 正宗 at 23:48 Thanks Reading!!
PAGE TOP ▲