最近、アクセスが集中して重い場合があります。申し訳ありません。
2023年11月02日

【BUCK-TICK】Six/Nine (Part2:驚確編)

2023-10-29-01.jpg

CDタイトル:Six/Nine
アーティスト名:BUCK-TICK


BUCK-TICKのヴォーカル、櫻井敦司氏の追悼レビューシリーズ記事2作品目は『Six/Nine』です。



Part1:入手編からの続きとなります。

回収版のBUCK-TICKのCD『Six/Nine』を手に入れ、ホクホク気分で家に帰った私は早速プレーヤーにCDを突っ込み聴いてみました。

...。


コレ凄くね?


スピーカーから吐き出されてくるあまりの暗黒空間ぶりに、私は驚愕してしまいました。

そして確信しましたね。

この『Six/Nine』が真の名盤であることを。

この確信は今でも揺るぎありません。

『Six/Nine』はガチの名盤です。

個人的にはバクチクの作品で一番の名盤だと思っています。

何かの音楽雑誌ではこのアルバム『Six/Nine』を“難解なダーク”と表現していましたが、この言葉はかなり的確に『Six/Nine』のトータルコンセプトを言い当てていると思います。

と言うのもこのアルバム、「音」や「言葉」という表面的なレベルだけで見た場合でも難解なダーク、そして一曲一曲それぞれの内容を掘り下げて見た場合でも難解なダーク、そしてそしてアルバム一枚を通して俯瞰の視点で見た場合でも難解なダーク、さらにさらに外部環境を含めたファンダメンタル的視点から見た場合であっても、もうどこをどう切り取ってもちゃんと“難解なダーク”で統一されてるんですよ。

私が『Six/Nine』を聴いて凄いと思ったところは、このアルバムが『難解でダークな曲がバラバラに寄り集まっただけ』のものではなく、金太郎飴のようにどこからどう切り取っても“難解なダーク”という一本の線を貫き通しているという、その統一性にあります。

この統一性があったから、アルバム一枚を通して聴いた時に私は驚愕の暗黒空間を体感することになった訳です。

次回からは『Six/Nine』にて、その暗黒空間を構築している数々の要素を大局的観点から語ってみようと思います。

曲ごとの掘り下げはさらにその後にしようかと考えてます。

そうでもしないとですね、まとめきれないんですよ、このアルバムが凄すぎて。

・Part3に続く



【購入】Six/Nineデジタルミュージック版
アーティスト名:BUCK-TICK


  facebookshare.png  
  comment.png

今日の音楽 - サムライEXP posted by 正宗 at 16:16 Thanks Reading!!
2023年10月29日

【BUCK-TICK】Six/Nine (Part1:入手編)

2023-10-29-01.jpg

CDタイトル:Six/Nine
アーティスト名:BUCK-TICK


BUCK-TICKのヴォーカル、櫻井敦司氏の追悼レビューシリーズ記事2作品目は『Six/Nine』です。



写真の手前にあるのは初回プレス盤に封入されたシンボルステッカーです。

初回プレス盤はパッケージが紫なので、そのまま普通に出すと何も見えなくなってしまいますねw

2021-02-14-02.jpg
紫すぎて何も見えません

ちなみに歌詞カード表側はこんな感じです↓
2023-10-29-02.jpg


前回のレビュー、『唄/君へ』から微妙に続く話となります。

生まれて初めて買ったBUCK-TICKのシングルCD『唄/君へ』を聴いて「アルバムも絶対買うしかねぇ!!!」と大興奮した私は、その次の日に早速『唄/君へ』を買った中古CD屋さんに再び赴いたんですよ。

今、なんとしても聴きたいのは『唄/君へ』が入ったアルバム。

邦楽CD、は行の棚からBUCK-TICKの欄を探してみると、平置きにされた紫のCDが目立つように置いてあり、そこにはこんなポップが貼られていました。


『回収騒ぎとなった問題作 在庫一点限り』


CDの帯で収録曲を見てみると、『君へ』は入ってないけど『唄』は入ってる。

“『唄』が入ってる。じゃあこれは買いだな、、、でも回収騒ぎってなんだろう?”

気になったので、レジに座ってるおっちゃん(多分、店長さん)に聞いてみました。

「コレ下さい。あと、回収騒ぎになったってここに書いてありますけど何があったんですかコレ?」

「あぁ、イスラム教からクレームが来たとかで、確か歌詞がイスラム教をバカにしてるとかだったかな実際はイスラム教の聖典であるコーランを逆再生した上で無断使用したことが原因でした)、、、店頭から新品全部回収するくらいだから、相当問題になったみたいですよ」

ほほぅ、、、

正直、やったぜ!と思いましたね。

一日遅れで買いに来てたらもう在庫はなかったかもしれない...

そしたらこのアルバムは、下手すると二度と手に入れることが出来なかったかもしれない...

そう思うと貴重さも増すってもんですよ。

なんてラッキーだったんだろう!

CDを手にした私は、ホクホク気分で家に帰りました。

長くなるのでPart2に続きます。



【購入】Six/Nineデジタルミュージック版
アーティスト名:BUCK-TICK


  facebookshare.png  
  comment.png

今日の音楽 - サムライEXP posted by 正宗 at 17:26 Thanks Reading!!
2023年10月26日

【BUCK-TICK】唄/君へ

ちくしょう、なんでだよ、早すぎんだろフザケンナよ、、、

BUCK-TICKのヴォーカル、櫻井敦司氏の訃報を知って2日経ちましたが、いまだショックでため息ばかり出てしまう正宗です。

この2日間はずっと、虚無、悲嘆、そして言いようのない怒りを感じていました。

そろそろこの辺で追悼の意を込め、櫻井敦司氏の残した数々の作品を、私個人の手持ちの分だけですがレビューしていこうかと思います。


本日2023年10月26日は、BUCK-TICKのメジャーファーストシングル『JUST ONE MORE KISS(1988年10月26日)』が発売されてからちょうど35年目の節目の日でもありますしね。

BUCK-TICKの作品が大半を占めることとなりますが、他の名義での活動も『櫻井敦司』という括りで等しくレビューしようと思います。

2023-10-26-01.jpg

CDタイトル:
アーティスト名:BUCK-TICK


BUCK-TICKのヴォーカル、櫻井敦司氏の追悼レビューシリーズ記事1作品目は『唄』です。



1995年に買った、今はもう生産されてない8cmの短冊型シングルCDですね。

カップリングは『君へ』。

コレ、実は私が初めて買ったバクチクのCDでした。

中古CD屋さんでワゴン投げ売り200円のセール品だったんスよw

ワゴン内を適当に物色してたらたまたま目に付いたのがコイツ。

私、コレを見た時思いましたね。

『なんやこのジャケット、、、?』

ちょっと見てもらっていいですか?

コレです↓

2023-10-26-02.jpg

どう見えます?

私にはコレ、『生まれたての魔物みたいなのが、自分で自分の臍の緒を引きちぎってる』ように見えるんですが、、、

とにかく異様ですよねw

あと、ジャケットの質感がこれまた異様なんスよ。

高級和紙のような装丁で、メチャクチャ質感が高いんです。

写真ではプラケースに入ってるのでちょっと分かりづらいのですが、『シングルCDでこんなんあるんか?』というような異様な高級感があります。

ってな訳で、私のバクチク遍歴はシングルCDのジャケットへの興味から始まったんですね。

じゃあ、バクチクの音楽はその時は知らなかったのか?と言うと、恥ずかしながら当時の時点では『なんとなく聴いたことがある』という程度だったんですね。

バクチクがパブリシティを得た『JUST ONE MORE KISS』をはじめ『JUPITER』、『悪の華』、『スピード』などなど、既に有名な曲は多々あったので、(まだ)ファンではなかったものの、バクチクという存在とその音はなんとなーく知ってはいました。

さらに、1995年当時はこのシングルの表題曲である『唄』をテレビや有線でメチャクチャにプロモーションしていたので、曲自体もそこはかとなく聴き覚えはあったんですよ。

『なんかお面かぶって顔にモザイクかかってたアレだよな、、、』

『ギターが重めな曲で、なかなかカッコ良かった気がする、、、』

『しかし凄ぇジャケットだな...一か八か買ってみるか。失敗しても200円だし、、、』

これで買っちゃったんですよね。

余談ですが、私の人生で初のジャケ買いがBUCK-TICKのこのCDでした。

それまで『ジャケットが気になるから』という理由でCDを買ったことなど一回も無かったんですけどね。

なので、この時の自分を今なら「よくぞやった!」と全力で褒めてやりたいです。

このジャケ買いが無かったら、私はバクチクのファンにはならなかったかもしれませんから。


ちなみに『唄』のMVも異様ですよ。

全部異様の、異様づくしですねw


お面かぶって顔にモザイクかかってたアレです


当時の私は気付かなかったのですが、MVでの扮装は海外の有名アーティストのコスプレだったそうです。


『唄』のCDを買って家に帰り聴いてみた結果、驚いたことに私は表題曲の『唄』ではなく、カップリングの『君へ』の方にガッツリ心と神経を持ってかれてしまいました。

『唄』は重たいディストーションギターを中心にシンセノイズや意図的なローファイ処理を要所に散りばめた曲で、当時(今もですが)テクノやインダストリアル、デジロックやニューメタル系に傾倒していた私にとって実にドンピシャな曲でした。

「おぉ、これはカッコいいな。買って当たりだったかも、、、」

そう思っていた私に衝撃が走ったのは次の曲の『君へ』が始まった時でした。


うおぉおおっっ...!!か、、かっけぇッ!!!


ギターのリフがとにかくかっけぇ、、、

ワウの使い方もかっけぇ、、、

ブレイクもかっけぇ、、、

ソロもかっけぇ、、、

退廃的で破滅的な世界観もメチャかっけぇ、、、


とにかく全部カッコよかったんですね。

その日のうちに何度も何度もこのCDを聴いた私は、当然の結果としてこう思ったのでした。

「アルバムも絶対買うしかねぇ!!!」

櫻井敦司氏追悼レビューシリーズ記事2作品目『Six/Nine』に続く



【購入】デジタルミュージック版
アーティスト名:BUCK-TICK



  facebookshare.png  
  comment.png

今日の音楽 - サムライEXP posted by 正宗 at 22:38 Thanks Reading!!
2022年07月23日

【M-AGEライブ】into the new beginningに配信参戦!!

どうも!M-AGEファンの正宗です。

昨日、7/22に行われたM-AGEのライブ『into the new beginning』に配信で参戦しました🎵

地方在住でコロナ禍なのにライブが観れるなんてありがたすぎてたまらない✨

ホントに配信さまさまです。

2022-07-23-01.jpg
もちろんCD付きチケットを買いました


いやぁ〜今回のライブは見どころ満載でした!

まず、オープニングアクトのSymmeが素晴らしかった。

オケ担当のGabi氏のマニアックさ(とパフォーマンスの仕草)と、ヴォーカル担当の綾織綾音氏の熱量がとにかく良かった。

まだ結成一ヶ月ほどだということで、今後どう展開するんでしょうかね。

ポップス色が強くなるなら私の守備範囲からは外れてしまうかもしれませんが、尖った方向に突っ込んで行くならフォローしたくなります。

とても素晴らしいユニットでした。

Symmeのライブ映像↓



で、M-AGEなんですけど、ここにきてようやくmotherやってくれましたw

しかも一発目からmother。

M-AGEファンは、結構多くの人がmother聴きたかったと思うんですよ。

私もこのブログでmotherに言及した記事が3つもあります。

M-AGE RE:CONSTRUCTIONの到着まであと一週間
【合法解禁!】M-AGEのmotherのMVが無料で観れるだとぅ!?
( ´∀`)bグッ! M-AGEのお気に入りMVを4つ選んでみた

今回のライブ限定CD『RE : QREATE 1991-1994 #04 authentic style』にもリメイク版のMotherが入ってるし、私以外のM-AGEファンの人も「ようやくきたぜ!」と思ってると思います。

やったぜ!!

30年前のmother↓



次の見どころは、BODY & SOUL(アルバム『vibES』に収録)でDJ PEAH氏のラップが聴けたことです。

ものすごいトクした気がしましたw

もちろん初めて観ましたし、『おお、マジでやるんだ!』とも思いました。

ラップに入る前の、ギターとスクラッチの掛け合いも良かったです😃

特に最後にミヨケン氏が指をさすところがw


次の見どころは新アレンジとなったStrange Futureです。

っていうか歌詞もメロディーもオリジナルと全然違うから、結構ビックリしましたw

私この曲大好きなんで、いつかきっちりレコーディングしてCDにまとめてくれることを願っておきます。

30年前のStrange Future↓



次の見どころはstar shellです。

『star shellなのに歌詞が付いとるやんけ!!』

みんなそう思ったのではないでしょうかw

『この曲はこういう演奏をされる曲』というイメージって、結構固まりやすくないですか?

そういう、一度イメージが凝り固まってしまった曲を全然違うスタイルで再構築し直すって、かなり難しいと思いません?

昔からM-AGEはリミックスやリアレンジを媒体ごとにいくつも作っていましたが、令和になってからはその幅がかなり広がったように思います。


次の見どころは、新曲の『君のトリガー』です。

今のところまだ今回のライブでしか聴けませんが、そのうちデモがSNSで聴けるようになるらしいので楽しみです。

焦燥感あふれる刹那的に熱い曲です。


以上、M-AGE『into the new beginning』のライブレビューでした!

本当に見どころ盛りだくさんの素晴らしいライブだった✨

今年はもうライブは無しとのことですので、来年を楽しみに待とうと思います😃


  facebookshare.png  
  comment.png

今日の音楽 - サムライEXP posted by 正宗 at 13:47 Thanks Reading!!
2022年02月10日

【M-AGE】FAIT ACCOMPLI ~Heat Sink Version~のCD買ったよ!

どうも!M-AGEファンの正宗です。

M-AGEのオフィシャルツイッターにて、先週2/5に行われたライブ会場用グッズのネット通販が開始されたとのニュースが流れました。



なので、前回の販売期間では購入を見送っていた『FAIT ACCOMPLI ~Heat Sink Version~ / BIRD CAGE~S09YLRAE MIX~』のCDをあらためて買いましたよ!

2022-02-09-01.jpg

ウホホ、早く届かんかな〜♪


ちなみになぜ前回の販売期間ではこのCDの購入を見送ったのか?というと、抱き合わせで強制セット販売になっていたTシャツが個人的には要らんかったからです。

抱き合わせで売られてるものは、どっちも納得のいくものじゃない限り買わないっス。

曲自体はかっちょいいので、CD単品でなら迷わず即買いです。


M-AGE / FAIT ACCOMPLI heat sink version ダイジェスト


M-AGE / BIRD CAGE S09YLRAE REMIX ダイジェスト


『抱き合わせで売られてるものはどっちも納得のいくものじゃない限り買わない』という同じ理由で、残念ながら2/5に行われたライブ『WANDER AROUND THE PARALLEL WORLD』も、今回は見送りとなりました。

今回の対バン企画で初めてGOATBEDの存在を知ったのですが、YouTubeで試聴してみたところ、悩ましいことにあまり耳に馴染まない感触の音だったんですよ。

ダイジェスト音源を聴く限りでは、GOATBEDによる『KISS』、およびM-AGEによる『エアロカッター』、どちらもかなり良かったので、本当に最後まで悩んだんですけどね〜。


WANDER AROUND THE PARALLEL WORLD

今回の対バン企画ライブでは『M-AGEとGOATBED、どっちもファン!』という人が一番の勝ち組ですね。

きっと、よだれもののライブだったハズ。

ちくしょう、羨ましいぜ。

今度はBRAIN DRIVEとかと対バンやってくんないかなw

  facebookshare.png  
  comment.png

今日の音楽 - サムライEXP posted by 正宗 at 00:47 Thanks Reading!!
PAGE TOP ▲