2017年05月16日

PayPalのビジネスアカウントを申し込んだよ! - 2017年5月版 その5(終)

どうも!ペイパリスト正宗です。

届いたよ!ペイパルの暗証番号通知ハガキが!!

2017-05-14-04.jpg


でかした!!


っという訳で、ペイパルアカウント取得の実際をお送りするこのシリーズも今回で五回目の最終回です。

このシリーズでは、ペイパルビジネスアカウントを個人で組織名称を使ってお金を受け取れるようにするまでの手順を掲載しています。

その1はこちら

その2はこちら

その3はこちら

その4はこちら



■本人確認最終!!




記事冒頭でお見せした写真の通り、ペイパルから暗証番号通知のハガキが届いたんスよ。

2017-05-11-10.jpg


うっかりキャプチャー画像を撮り逃してしまいましたが、トップページの『設定に移動する』ボタンからほんの数クリックで本人確認終了となりました。

2017-05-14-05.jpg


ってな訳で、本人確認手続きもめでたく全て終了!

これで私の主なペイパルの使い道である『海外で販売したオリジナル商品の代金受け取り』には思い通りに使えるようになりました。


■ペイパル単体でダウンロード販売をしようとすると大変な手間が掛かる




でもって、ここからさらに私は『ペイパルを決済手段として、デジタルファイルのダウンロード販売を独自に行えないか?』と考えました。

結論から言えば『ペイパル単体での決済にこだわると大変な手間が掛かる事になる』と、私は判断しました。

なぜか?

まず何よりも『代金を支払ってくれた購入者さんを、商品ダウンロードページにしっかりと誘導できない』という大問題があります。

2017-05-15-02.jpg


ペイパルで支払いを行うと、↑このような画面になります。

ここに表示されている『ショッピングサイトに戻る』というボタンを『商品のダウンロードはこちら』という文言に変えて、ダウンロードページへの誘導ができないか?と私は考えたんですよ。

以前のペイパルでは『cbt』というちょっとした設定を追加すればそれが出来たのに、現在では残念ながらそれが出来ない仕様となってしまいました。

興味があればですが、当ブログにおけるcbtに関するいきさつを、以前に投稿したこの記事から読むことができます。(※読まなくても支障はありません)

PayPalの cbtが 機能しない?(俳句)

さらに、画像に表示されてる『確認メール』の内容も、商品ごとに販売者が自由に内容を編集できるものじゃなかったりするんですよ、コレが。

なので、確認メールを使って商品の引き渡しをする事もできません。

これが使えればなぁ...。

『ショッピングサイトに戻る』の戻り先のURLは個別に設定できるので、販売ページ上で『このボタンを押せばダウンロードページに行けるよ』とお知らせする事は出来ますが、そんなの絶対混乱しますって。

購入が終わったと思って『ショッピングサイトに戻る』ボタンを押さずにうっかりページを閉じてしまったりしたら、その後、購入者さんはどうしていいか分からず不安のどん底に叩き込まれます。

あんまりですよね。

もしこれをやろうとするなら、念入りな購入手順の説明が必須となるでしょうね。

唯一、購入者さんが迷わずに済むシンプルな販売を実現させる可能性があるとしたら『購入に気が付き次第こちらからすぐにメールを送るので、それまでしばらくお待ちください』と販売ページ上でしっかり案内した上で、なるべく迅速に個別対応するやり方です。

例えば『月〜金の平日なら24時間以内にご連絡します』という実店舗の通販みたいな対応を約束すれば、購入者さんもそれなりに安心して待つ事ができるでしょう。

購入者さんを待たせる事にはなってしまいますが、これならペイパルに登録された購入者さんのメールアドレス宛に、商品を添付するなりダウンロードページを案内するなりのメールを送って個別に対応する事ができます。

しかし、せっかくのデジタルファイル販売です。

物品を配送する訳でもないのに、購入者さんを待たせてしまうのもいかがなものか。

購入者さんを少しも待たせることなくすぐに商品を引き渡せるなら、それに越したことはありません。

では、どうしたらいいか?

選択肢は二つ。

一つ、自前でAPIというプログラムを駆使してペイパルの決済機能をいじり倒す。

二つ、ペイパル単体での決済は諦めて、他のシンプルな手段を探す。


当ブログでは後者を選びます。

もしあなたが『ペイパル単体での個別対応でやってみようか』と思うなら、結局はそれが一番シンプルで、手数料も一番安く済むんですけどね(笑)


■お薦めはDLmarket、次点でGumroadかeasypay




まずはDLmarketです。

これが一番お勧めです。

私も使ってます。

完全に日本語で使えるし、動作もしっかりしてます。

運営の姿勢も真っ当で、多彩な販売方法のほとんどが無料で使えます。

自分の商品の販売をアフィリエイターさんにお手伝いしてもらう事もできます。

【ご招待】私の商品の販売を手伝って高額報酬をゲットしたい人は他にいませんか?

強いて良くない部分を挙げるとすれば、販売ページがごちゃごちゃしてること、徴収される販売手数料が群を抜いて高いこと、あとは商品購入の為に独自アカウントを作ってログインする必要があることでしょうか。

と言っても独自アカウントに関しては、Amazon、Yahoo!JAPAN、Twitter、Facebook、楽天、hontoのアカウントがDLmarketでそのまま使えるんで、そこまで障壁は高くないと思います。

高額な手数料を取られることも、この品質なら十分納得できます。

販売ページが汚いことはいかんともしがたいです。

良くも悪くも日本的と言えるかもしれませんね。

DLmarketしか使わないなら、ペイパルも不要となります。

DLmarket


さて、次はGumroadとeasypayです。

ぶっちゃけ一長一短です。

私個人的にはGumroadの方をお勧めしたいです。

Gumroadは私も使っています。

正宗 on Gumroad

Gumroadの良さは、その手軽さです。

購入者さんは何のアカウントも必要とされません。

どこにもログインせず、今すぐに商品を購入する事ができます。

逆にGumroadのダメなところは、表面の部分だけしか日本語対応されていないところです。

購入者さんが普通に使う分にはあまり問題ありませんが、販売者側がちょっとでも突っ込んだ使い方をしようとしたら途端に英語が出張ってきます。

なので、英語が全くダメならGumroadはやめときましょう。

さらに、Gumroadは動作がところどころ危うく感じる部分があります。

ボタン上のクリックを判定する位置が微妙にズレてたりとか。

あと、人によっては海外のわけの分からない詐欺サイトっぽく見えてしまうかもしれません。

一応、Gumroadは海外の有名ベンチャー企業なんですけどね。

ちなみにGumroadから売り上げを引き出すには、現在ペイパルが必須となっています。

Gumroad


もう一方のeasypayですが、こちらのいいところは日本産のサービスなところです。

実は私、easypayは使った事ないんですよ。

なのであまり突っ込んだ使用感などは分からないのですが、完全日本語対応の安心感は強いと思います。

どこでもカード決済付ダウンロード販売『easypay(イージーペイ)』

サービス内容を見てみると『決済部分はペイパルを使い、商品ファイルの保管や受け渡しをeasypayが担当する』というもののようです。

APIを使わなければペイパル単体では出来なかった事を代わりにやってくれた、という感じの、痒い所に手が届くサービスですね。

で、easypayに関してどうかと思う部分は、決済にペイパルを使ってるところです。

決済サービスとしては世界標準のペイパルではありますが、残念ながら日本ではあまり普及してるとは言えない状況です。

なので、大部分の購入者さんには、まず商品を買う買わない以前に『ペイパルのアカウントを取らなければならない』という面倒な手間を乗り越えてもらう必要があります。

アマゾンや楽天のアカウントと違って、ペイパルのアカウントを取得しても、日本での上手い使い道が正直あまり思い浮かびません。

これはかなりの障壁だと思います。

ペイパル自身には規模も実績も十分にありますから、あとは有用な使い道が多数ありさえすれば...。

あと、easypayの使用手数料は、売り上げがあった場合だけ、その月ごとにまとめてペイパル経由でメールアドレスから請求されることになります。

なので、売り上げがあったらその都度、月ごとにペイパルから手動で支払いに応じる必要が出てきます。

うっかり支払いを忘れてたりすると、当然ですが支払いがあるまで販売URLは使えなくなります。

DLmarketやGumroadでは売り上げごとに手数料が自動で引かれる仕組みなのですが、easypayは手動で手数料を支払う手間が掛かる訳です。

これがクレジットカードへの自動課金ならば...。


■あなたのペイパルアカウントは購入者からはどう見えているのか?




そんな訳なんで、Gumroadとeasypayは一長一短だと思ってます。

他のサービスを探して使うのももちろんアリですが、何を使うにしろ、あなたが販売者側ならペイパルのアカウントを持ってて損をすることは無いでしょう。

なんやかや言ってもペイパルは現状、世界標準の決済サービスですからね。

最後にですが、あなたのペイパルアカウント情報は、購入者さんからはどう見えていると思いますか?

特にペイパル単体での個別対応を考えていたり、easypayを使おうと考えてるなら、ここは気にしておくべきだと思います。

決済部分にペイパルを使っている以上、easypayでの商品購入者さんにも、ペイパル単体での個別対応をした時と同じ販売者情報が見えてる事になります。

だからと言うわけでもないのですが、ペイパルを使用して当記事『PayPalのビジネスアカウントを申し込んだよ! - 2017年5月版 その5(終)』へのアクセス権を購入できるようにしてみました。

代金のお支払い後『ショッピングサイトに戻る』のボタンを押す事によって、サービスをお受け取りください。

この記事が存在する限り、いつでもこの記事にアクセスする事が可能となります。

もし、あなたがこのブログに書いてある通りにペイパルの設定をしてきたなら、あなたが見る事ができる私の販売者情報がすなわち、あなたが購入者さんから見られる事になるあなたの販売者情報そのものとなります。

その1からその5まで続いたこのシリーズ記事に価値を感じていただけたなら、ぜひ動作確認の意味も含めてペイパルからこの記事へのアクセス権を購入してみてください。

代金は、缶コーヒー1本分の130円からとなっています。

もし、あなたがこのサービスをあなたのビジネスアカウントで購入した場合、私の方には以下のあなたの情報が開示される事になります。



《この取引で正宗が見ることになる情報》
uketori1.jpg


物品を実際に配送する場合の為に、取引内容によってはあなたの住所も販売者側の設定により開示される事になります。

住所は、上の画像の左下に赤枠で囲った『配送料:梱包票を印刷』をクリックすると表示されます。

住所が開示される取引の場合、購入手続きの最中に、ペイパルに登録されてるあなたの住所が『配送先』として確認のために表示されることになります。

今回のこの取引はインターネット上のブログ記事へのアクセス権の購入なので、物品を配送する必要がありません。

その為、この取引は住所を取得しない販売設定となっています。

あなたの住所が購入手続きの最中に『配送先』として表示されない事を確かめてみてください。

『トラッキング情報』は、いわゆる『お荷物追跡サービス』として使うものです。

ここでの説明は省きます。

uketori2.jpg


『配送料:梱包票を印刷』をクリックしました。

この取引では、配送先となるあなたの住所は、上の画像のように『住所未入力』と表示される事になります。

uketori3.jpg


ちなみにパーソナル、プレミアアカウントで取引をすると、上の図のように組織名ではなく個人名が開示される事になります。

これが、今回のこの取引で私に開示されるあなたの情報となります。

まとめると『あなたがビジネスアカウントでこのサービスを購入すると、正宗に組織名とメールアドレスが伝わる』という事になります。

組織名とメールアドレスだけです。

逆に、販売者である私の情報がどこまであなたに開示されるのか?は、私のサービスを以下の『PayPalで支払う』ボタンから購入後、あなたの目で実際にお確かめください。

なるだけフェアな取引にしてみたつもりなんですけど、いかがでしょうか?


このサービスの代金は缶コーヒー1本分の130円からとなっています。

ぜひ、私の言った通りにペイパルを設定すると、購入者さんの立場からは販売者情報がどう見えるのか?をあなたの目で確かめてみてください。

そしてその対価として、私に缶コーヒーを一本おごってください。

あなたからおごっていただいた缶コーヒーは、ひとくちひとくち味わいを噛み締めながら、ありがたくご馳走になります m(_ _)m

2本、3本と数量を変えて、まとめて正宗に缶コーヒーをおごってみる事も可能です。


下の『PayPalで支払う』ボタンをクリックして
hikitatebitou.png
正宗さんに缶コーヒーをおごる
代金のお支払い後『ショッピングサイトに戻る』のボタンを押す事によって
当記事へのアクセス権を受け取る事ができます



paypalcardlogo.png



ありがとうございます。

いただきます。


PS:
上で使われてる『PayPalで支払う』ボタンはカスタマイズされてます。

通常このボタンは『target="_top"』で書き出されますが、これを『target="_blank"』に変えてリンクを新たなタブで開くようにしています。

また、ボタン画像も標準のものではなく独自指定したものに変えてあります。

さらに、『PayPalで支払う』ボタンをクリックした後最初に開かれる、購入内容の詳細を確認するページを日本語で表示するようにカスタマイズしています。

日本語表示のやり方は、購入ボタンの作成時に『ステップ 3: 高度な機能をカスタマイズする(オプション)』→『高度な変数を追加する』の部分に『lc=ja_JP』と記述すればオッケーです。

2017-05-15-03.jpg


参考にしてね!!
  facebookshare.png  googleplus.png  comment.png

インターネット - サムライEXP posted by 正宗 at 02:28 Thanks Reading!!
2017年05月15日

PayPal「おめぇのcbtパラメーターねぇから!」

どうも!cbtパラメーターが無い正宗です。

前回の記事の続きです。

PayPalの cbtが 機能しない?(俳句)

ペイパルの迅速なテクニカルサポート様のご回答により、cbtパラメーターは現在では使用できない機能となってる事が分かりました。

2017-05-15-01.jpg
右下の時間がえらい事になってるのは時差かと思われます


決済画面が新デザインとなった時点でcbt機能は使えなくなったもようです。

残念ですが、しゃーない。

もし旧デザインの頃からペイパルでcbtパラメーターを使い続けてて、今でもそのままの人がいたりしたら、決済後の購入者さんには『ショッピングサイトに戻る』という文言しか見えてない可能性がありますね。

ご注意を。


さぁて、こっからどうすっかな...。

ジュースでも飲んで考えっか。


コーラコーラ〜♪
  facebookshare.png  googleplus.png  comment.png

インターネット - サムライEXP posted by 正宗 at 20:09 Thanks Reading!!
2017年05月15日

PayPalの cbtが 機能しない?(俳句)

どうも!ペイパリスト正宗です。

前回、ペイパルの暗証番号通知が来たら続編を書くと言っていた『PayPalのビジネスアカウントを申し込んだよ! - 2017年5月版 その4』の続きなんですが、実はとっくに暗証番号通知は来てたりするんですよ。

ただ、その後にペイパル単体でデジタルファイルのダウンロード販売が出来るようになるまでのシミュレートをしてたら、一箇所どうしても解決出来ない問題にぶち当たってしまったんです。

それが記事タイトルに書かれてる『cbt』というもの。

支払い後のページから『ここから商品をダウンロードできますよ』と示すために使おうと思った設定なんですけどね。

私の本来の目的である『海外で販売したオリジナルアイテムの代金回収』という使い道ならとっくにクリアしてはいるんですが、そんな訳で今、記事の進捗は足止め状態です。

もうどうしてもどうにもならないので、テクニカルサポート様に質問しました。

もしかしたらcbtの機能自体が使えなくなってるのかもしれませんし。

現在テクニカルサポート様からの返信待ちです。







<追記 2017-05-15 夜半>


すぐにご返信いただけました。

PayPal「おめぇのcbtパラメーターねぇから!」
  facebookshare.png  googleplus.png  comment.png

インターネット - サムライEXP posted by 正宗 at 14:50 Thanks Reading!!
2017年05月11日

PayPalのビジネスアカウントを申し込んだよ! - 2017年5月版 その4

どうも!億万長者マン正宗です。

ペイパルアカウント取得の実際をお送りするこのシリーズも今回で四回目です。

このシリーズでは、ペイパルビジネスアカウントを個人で組織名称を使ってお金を受け取れるようにするまでの手順を掲載しています。

その1はこちら

その2はこちら

その3はこちら


前回までで本人確認手続きは一区切りついたので、暗証番号が郵送されてくるのを待つ間に他の部分を設定しちゃいましょう。


2017-05-11-10.jpg


いったんトップ画面に戻ったら、『設定に移動する』ボタンをクリック。

2017-05-11-01.jpg


『メールアドレスを確認しましょう』をクリックします。

2017-05-11-11.jpg


ペイパルからアドレス確認用のメールが届いてるようです。

2017-05-11-12.jpg


おぉ、届いてた届いてた!

表示されてる『はい、これは私のメールアドレスです。』ボタンをクリック。

2017-05-11-13.jpg


再びペイパルのサイトにアクセスしたら、パスワードを入力して確認を行います。

2017-05-11-14.jpg


メールアドレスの確認終了!

これでペイパルを通しての支払いは受け取れるようになりました。

次は銀行口座の登録です。

銀行口座の登録が終われば、ペイパルアカウントから銀行口座へ現金を移動させる事ができるようになります。

2017-05-11-15.jpg


赤枠は私が描いたものですが、このように書いてあります。

『ここに入力する銀行口座名は、事業者名と同じである必要があります。PayPalビジネスアカウントに、個人名で登録された銀行口座を追加すると、引き出しができない可能性があります。』

これは、事業タイプを『法人』にした場合は、個人名義の銀行口座は使えなくなるよ、という意味で書かれてます。


2017-05-10-08.jpg


↑初期登録時、事業タイプに個人事業主を選択してれば、個人名義の銀行口座でも使えます。

2017-05-11-16.jpg

いたって普通の銀行口座情報入力欄です。

入力事項に間違いが無ければ、続行ボタンをクリックします。

2017-05-11-17.jpg


確認画面が出るので、最終チェックをしたら保存ボタンを押して、銀行口座登録もめでたく完了!!


これにて現金を受け取るための、最低限の必要事項の登録は終わりました。

ふー、お疲れ様でした!

支払い(販売)の設定などはまた後日に譲るとして、ちょっとオマケ設定を。

2017-05-11-18.jpg


アカウント設定→プロフィール設定、と進みます。

2017-05-11-19.jpg


『事業情報』中の項目の、またもや『事業情報』の更新リンクをクリック。

2017-05-11-20.jpg


決済画面で表示されるロゴ画像を追加する事ができます。

公式サイトの『カスタムページスタイルの編集方法 - PayPal』を見ると、使われる画像の種類に『最大で横750ピクセルx縦90ピクセル以内のヘッダー画像』と『最大で横190ピクセルx縦60ピクセル以内のロゴ画像』という二種類の画像が表示される、とあります。

探してみたら、『アカウント設定→プロフィール設定→販売ツール→PayPalボタン→関連項目中のチェックアウトページのスタイルの管理』で登録ボタンを押したら『カスタムページスタイルの編集』というページにたどり着けました。

分かりづらいよ!

2017-05-14-01.jpg


私的には大小2種類の画像を用意するつもりもなかったので、最大公約数的に190x60ピクセル以内のロゴ画像のみを追加する事にしました。

2017-05-14-02.jpg


ここで設定したロゴは、ペイパルの決済画面でこのように表示されます。

参考までに。

2017-05-14-03.jpg


ロゴ画像を設定し終えた後、そのまま下の方にスクロールすると、事業情報の『編集』のリンクから、前々回の記事でお話しした19文字拡張版の事業者名(クレジットカード利用明細に表示される名前)を入力する事ができます。


そんじゃあ今回はこの辺で!

次回は暗証番号が届いてから!!

  facebookshare.png  googleplus.png  comment.png

インターネット - サムライEXP posted by 正宗 at 22:24 Thanks Reading!!
2017年05月11日

PayPalのビジネスアカウントを申し込んだよ! - 2017年5月版 その3

どうも!スマートリッチマン正宗です。

ペイパルアカウント取得の実際をお送りするこのシリーズも今回で三回目です。

このシリーズでは、ペイパルビジネスアカウントを個人で組織名称を使ってお金を受け取れるようにするまでの手順を掲載しています。

その1はこちら

その2はこちら


そんじゃあ今回は本人確認のところから!!


2017-05-11-01.jpg


事業情報を入力し終えたら、今度は『本人確認手続きの残りのステップを完了しましょう』からやっていきます。

『!』マーク付いてますしね。

ペイパル公式サイトの『STEP4 : 本人確認手続き(個人でご利用の方)』を見ながら、併せて参考にしてくださいな。

2017-05-11-02.jpg


残りのステップの一発目がこれです。

ブログ公開用に一度消しましたが、姓・名・生年月日の部分は前回入力したものが自動で記載されてました。

自宅住所もプルダウンで選択式になってますが、これも前回入力したものが選べるようになってます。

2017-05-11-03.jpg


『職業』の欄だけはガチ選択項目です。

現状の自分に最も当てはまるものを選びましょう。

抜けがない事を確認したら『続行』ボタンを押します。

2017-05-11-04.jpg


次は本人確認書類のアップロードです。

私は運転免許を携帯電話で撮影してアップロードしました。

多くの人は免許証を使うと思いますが、免許証の場合、画像の一部を塗りつぶす必要があります。

該当のページに直接リンクが張れない仕様なので、ペイパル公式ページの『STEP4-1 書類の準備』、運転免許証の『注意事項』のリンク先を確認してください。

文章だけはそのまま引用して記載しておきます。


スキャン箇所
・両面 *「公安印」が鮮明に写っていることをご確認ください。

黒く塗りつぶす箇所
1.本籍地の記載がある場合には塗りつぶしてください。ただし、住所に「同上」と記載されている場合は本籍地は塗りつぶさないでください。

2.保険・医療情報を含む場合は塗りつぶしてください。

3.臓器提供に関する意思表示の記載がある場合は黒く塗りつぶしてください。

4.住所変更・氏名変更は塗りつぶさないでください。裏面に本籍地の変更がある場合は、何の変更かがわかるように「新本籍」「本籍変更」等の文言は塗りつぶさず、記載住所のみを塗りつぶしてください。

その他の注意事項
・有効期限内であることをご確認ください。”




引用以上です。

『スキャン』と書いてありますが、スキャナーが必要になる訳ではありません。

見やすく撮影できればスマフォのカメラで十分です。

私はガラケーで撮影して審査通ってます(笑)

画像の塗りつぶしをしたら、表裏両面分を忘れずにアップロードしてください。

ちなみに、運転免許証と住民基本台帳カード以外を提出する場合は、補完書類として発行日六ヶ月以内の公共料金の領収書が必要となります。

2017-05-11-05.jpg


そのまま進むと補完書類のアップロード画面になりますが、2017年5月現在では運転免許証をアップロードした場合は補完書類は要らないので、プルダウンから運転免許を選んでスルーします。(※なんとなくですが、後々改変になりそうな気がします。公式サイト『STEP4-1 書類の準備』によーく目を通して、十分ご注意くださいな)

2017-05-11-06.jpg


今度はペイパルアカウントの開設理由です。

2017-05-11-07.jpg


欲張りセットで。

2017-05-11-08.jpg


これにて本人確認に関する入力作業は終了!!

2017-05-11-09.jpg


審査が無事完了すると、ペイパルからこのようなメールが届きます。

入力作業を終えてからこのメールが送られてくるまでに、約一日ほどかかりました。

このメールには『法人としての本人確認手続きも必要です。法人確認書類をまだアップロードされていない場合は、早急にお送りいただけますようお願い申し上げます。』と書かれてますが、法人で登録してないので法人確認書類は不要です。

一瞬ビビりましたが(笑)

ちなみに法人で登録していた場合、本人確認手続きの一環として『法人の本人確認手続き』という項目が出てくるようです。

公式サイトの『STEP4 : 本人確認手続き(法人でご利用の方)』から『STEP4-5 法人の本人確認手続き』を見ると、明らかに個人向けの登録と違ってることが分かります。

あとは暗証番号が届くのを待つだけ!

っという訳で、暗証番号が届くのを待ってる間に、その他の確認や登録を行う部分を済ませてしまいましょう!!

  facebookshare.png  googleplus.png  comment.png

インターネット - サムライEXP posted by 正宗 at 17:15 Thanks Reading!!
PAGE TOP ▲